菜の花の種を植えてくださる仲間を募集しております。

配布内容 ■料金
 
花の種は無料で進呈いたします。
■花の種類及び配布個数
 
現在は「菜の花」の種を配布中です。
 花の種類は季節ごとに変わります。また配布個数ですが
 事務局で場所・広さに応じて決定いたします。
 ※申込状況によってご要望数の配布が出来ない場合は
   ご了承ください。
■花の種配布場所
 ご希望の方は、協力店で受け取れます。ただし、500平米
 (5畝部)以上の方は直接事務局までご連絡を下さい。
 また、苗で 希望の方は事務局(福島市常円寺)で配布し
 ております。


お申込方法 ■申込フォームでのお申込
 下記のリンクをクリックして、申込フォームにご記入のうえ、
 送信ボタンをクリックして下さい。
 【花の種申込フォームページ】
■郵送でのお申込
 花の種申込書をプリントアウトして必要事項をご記入のうえ、
 郵送またはファックスでご送付ください。
 【FAX及び郵送用花の種申込書(PDF形式)】
■e-mailでのお申込
  E-メールで申し込む場合は、必要事項をご記入のうえ、
 送信ください。
 【必要事項】
 名前(企業団体の場合は代表社名も記載)、
 住所・連絡先(電話番号など)・植える場所・広さ(u)を
 記載のうえ、下記送信アドレスまで送信ください。
 【送信先アドレス:info@hananinegaiwo.jp
お問合せ先
(送付先)
福島復興プロジェクトチーム「花に願いを」事務局
〒960-8202  福島県福島市山口字寺屋敷4 常円寺内 
TEL:024(533)2829  FAX:024(536)1301
e-mail:info@hananinegaiwo.jp








福島復興プロジェクトチーム
「花に願いを」事務局

〒960-8202  
福島県福島市山口字寺屋敷4 常円寺内 
【TEL】024-533-2829
【e-mail】info@hananinegaiwo.jp

【花の育て方・放射性物質検査について】
  花の育て方につきましては種の配布時にお配りしておりますが、下記よりダウンロード(PDF形式)していただけます。ご不明な点、ございましたら事務局までお問い合わせください。
  ■菜の花の育て方・咲いた後の処理方法【PDF形式】    ■向日葵(ヒワリ)の育て方・咲いた後の処理方法【PDF形式】
【土壌や作物の放射能濃度を調べたい方はご連絡下さい】
 放射性ヨウ素、放射性セシウムの含有量を検査出来ます。(検査機関の正式な報告書が出ます)只今、大変込み合っています。事前にご連絡下さい。また、検査結果がわかるまで、多少お時間がかかる事をご了承ください。但し1検体で2万円の経費が掛かります。


【菜の花に願いをこめて】
  当プロジェクトでは、6月下旬よりすべて開花すれば1千万本になる向日葵の種苗を配布してきましたが、おかげさまでご賛同いただいた皆様の手により県内各地で大輪の花を見ることができました。
 種まきから最後の処理までどれほどのご苦労があったことでしょう。私たちも数万本の向日葵を育ててまいりましたので察することができます。そのご苦労に対し心から感謝申し上げます。
 除染としての効果が、どの程度あったかは当会のホームページまたはブログで公開していきますが、結果よりも道のりにこそ人生の意義があると当会では考えます。自分にできることをすすんですることが、真の復興につながる道だという信念を貫き通してまいりたいと思います。
 これからの季節は、菜の花(アブラナ)の種まきをお願いできればと思います。
 冬の寒苦を経て、やがて訪れる春に可憐な花を咲かせる菜の花に、私たちの復興への願いを込めたいと思います。

【ひまわりに願いをこめて】
  6月下旬から7月初旬に蒔くと、あまり茎が太くならず、根も深くならないので、咲き終わってからの処理が楽です。また、その後菜の花の種を蒔く とするなら、タイミングもちょうどいいと思います。(地域によっては多少の差異はあります) ひまわりが可愛そうという心優しい方の気持ちも分かりますが、いまは、願いを込めて行動する時だと当方は思っています。どの程度効果があるかは、国も実験の段階ですが、何もしないよりは確実にいいということだけは言えるでしょう。


Copyright(C)2011 Fukushima Revival Project 「HANANINEGAIWO」. All Rights Reserved.